住宅購入時のオーバーローンの注意点とリスクについてご紹介の画像

住宅購入時のオーバーローンの注意点とリスクについてご紹介

住宅購入時のオーバーローンの注意点とリスクについてご紹介

今回は、今から住宅購入を検討している方に向け、オーバーローンとはなにか、注意点やリスクにはなにがあるかをご紹介していきます。
住宅ローンにもいろいろな種類があるので、自分の家庭事情やライフステージに合ったものを選ぶようにしましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅購入を検討するときに知っておきたいオーバーローンとは

オーバーローンとは、一般的な意味合いでは金融機関からの借入金が預金額を上回っている状態を指します。
ただ、住宅ローンでオーバーローンといった場合には、住宅の価格以上の金額の融資を受けることを言います。
住宅購入の際、不動産の価格以外にも印紙税や登録免許税、不動産取得税などといった諸費用が必要です。
諸費用もおよそ100万円ほどになることもあるため、手元に資金がなければ住宅ローンに頼ることとなり、その結果オーバーローンとなります。

住宅購入時にオーバーローンを利用するときの注意点

オーバーローンを利用する際の注意点は、必要以上の費用を偽って申請すると、契約違反になってしまうことです。
一括返済を求められたり、訴訟を起こされることもあるので注意が必要です。
一括返済ができなければ、最悪の場合は自己破産になってしまうことさえあります。
また、住宅を売却してもローン残高に満たない金額でしか売却できない場合が多くなります。
このように、オーバーローンは諸費用が支払えないときには頼りになる仕組みですが、注意点もしっかり把握しておきましょう。

住宅購入時のオーバーローンのリスクについて説明

オーバーローンを利用していると、住宅を売却できないリスクがあることは考えておきましょう。
ローン残高が住宅の価値を上回っている場合、売却して入ったお金だけではローンの完済ができません。
このような場合、手元資金を用意できなければ金融機関に売却を認めてもらえないため、売りたくても売れない状態になることがあります。
さらに、オーバーローンの不動産は財産として扱われにくいため、財産分与の対象にならないことにも注意が必要です。

まとめ

住宅購入時に諸費用のための資金が用意できない場合には、オーバーローンは良い仕組みです。
しかし、売却したい時に売れないことや、離婚時に住宅が財産分与の対象にならないなどの注意点やリスクもあります。
最初は便利と思っても、あとで住宅を売りたくなったらどうするかなど、もしものときに備える必要はあるでしょう。
備えができれば、オーバーローンをすること自体は悪いことではありません。
私たちエクストホームは京都府「長岡京市」・「向日市」・「大山崎町」・「京都市西京区」・「京都市南区久世」・「京都市伏見区羽束師、久我」のエリアに特化して物件を取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


おすすめ記事

  • 住宅ローンが返済不可になる前の対処法!競売になる前にできることをチェックの画像

    住宅ローンが返済不可になる前の対処法!競売になる前にできることをチェック

  • 改正された2022年以降の住宅ローン控除制度!改正内容と利用方法を解説の画像

    改正された2022年以降の住宅ローン控除制度!改正内容と利用方法を解説

  • 任意売却ができないケースとは?任意売却ができないとどうなるのかもご紹介の画像

    任意売却ができないケースとは?任意売却ができないとどうなるのかもご紹介

  • 定年後も住宅ローンが残っている場合の対策法をご紹介の画像

    定年後も住宅ローンが残っている場合の対策法をご紹介

  • 不動産を担保にするリバースモーゲージとは?メリット・デメリットも解説!の画像

    不動産を担保にするリバースモーゲージとは?メリット・デメリットも解説!

  • マイホームの購入時に利用することができるフラット35について詳しくご紹介の画像

    マイホームの購入時に利用することができるフラット35について詳しくご紹介

もっと見る