不動産購入時の「重要事項説明」のチェックポイントとは?の画像

不動産購入時の「重要事項説明」のチェックポイントとは?

不動産購入時の「重要事項説明」のチェックポイントとは?

「重要事項説明」とは、不動産を購入する前に、必ずおこなわれる大切なステップです。
購入する物件と契約の条件についての説明であるため、難しいイメージがあっても、納得できるよう理解することが大切です。
今回は、買主のための「重要事項説明」を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時の「重要事項説明」とは?買主のための手続き

重要事項説明とは、売買契約を結ぶ前に、買主を対象に、必ずおこなわれる契約上の重要な項目についての説明です。
説明は、宅地建物取引士から伝えることとされています。
そのときに宅地建物取引業者から交付される書類が「重要事項説明書」です。
重要事項説明は、買主の保護を目的として、宅地建物取引業法(第35条)で定められています。
通常、不動産購入は人生に何度も経験するものではありません。
一般の買主が、不動産の情報や法律知識に長けているケースは珍しく、そのため、買主が誤って損害を受けてしまうことがないよう設けられている手続きなのです。

不動産購入時の「重要事項説明」で大切なポイント

重要事項説明書で説明される内容のなかでも、とくに重視しておきたいポイントを紹介します。
まず、物件についてのポイントとして、登記の権利部の「所有権に係る登記」を確認しましょう。
ここで、買戻し特約の登記などがあると後々、トラブルに発展する可能性があります。
ほかにも、「用途地域」や「建ぺい率」「容積率」などの制限、道路の種類やセットバックの必要がないか、幅員などもポイントです。
また条件面では、「契約解除」について、どんな場合にできるのか、違約金や期限など重要事項説明での確認が大切です。
金銭の貸借の項目では、不動産購入で利用する住宅ローンの金融機関名、融資の条件が正しいかを確認します。
ほかにも「登記簿謄本」と地積や地番などが相違ないか、将来、日照などを妨げる建物の計画がないかも重視しておきましょう。

不動産購入で「重要事項説明」を受けるときの注意点

注意点として、まず重要事項説明をおこなうのが、有資格者の「宅地建物取引士」であるか、資格証を見せてもらって確認しましょう。
また、重要事項説明は、通常、契約日におこなわれます。
しかし、説明の項目は多く、内容も広範囲であることが注意点になります。
理解できないまま契約に移ることのないよう、前もって不動産会社に書類のコピーをもらい、理解してから当日にのぞむのも手ですよ。

まとめ

「重要事項説明」について解説しました。
買主保護の観点から、法律に基づいておこなわれる手続きです。
もし、不明点や疑問があれば、遠慮なく不動産会社に質問し、納得できる不動産購入を実現したいですね。
私たちエクストホームは、長岡京市・向日市の物件を中心に取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  • 建築条件付き土地とは?建売住宅との違いや購入時の注意点もご紹介の画像

    建築条件付き土地とは?建売住宅との違いや購入時の注意点もご紹介

  • 共有名義で不動産を購入とはどういうもの?メリット・デメリットもご紹介!の画像

    共有名義で不動産を購入とはどういうもの?メリット・デメリットもご紹介!

  • 今の年収で不動産購入はできる?予算の目安とは?の画像

    今の年収で不動産購入はできる?予算の目安とは?

  • 不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットをご紹介!の画像

    不動産購入における共有名義とは?メリット・デメリットをご紹介!

  • 注文住宅とは?購入するメリットとデメリットをご紹介の画像

    注文住宅とは?購入するメリットとデメリットをご紹介

  • 親からの援助で住宅購入する際の頼み方と注意点をご紹介の画像

    親からの援助で住宅購入する際の頼み方と注意点をご紹介

もっと見る