既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時のメリットとデメリットを解説の画像

既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時のメリットとデメリットを解説

不動産の豆知識【売買】

既存住宅売買瑕疵保険とは?売却時のメリットとデメリットを解説

不動産の売却を検討している方は、既存住宅売買瑕疵保険という制度をご存知でしょうか?
この保険は、売主が買主に対して負う瑕疵担保責任を保険会社が引き受けるもので、売主と買主のトラブルを防ぐことができます。
今回は、既存住宅売買瑕疵保険の概要と、利用する際のメリット・デメリットについて解説します。

エクストホームへのお問い合わせはこちら


既存住宅売買瑕疵保険とは?

既存住宅売買瑕疵保険とは、中古住宅を購入した際に契約不適合責任に基づく瑕疵が発見された場合に、修繕費用や減額請求などの補償を受けることができる保険です。
この保険の対象となる瑕疵は、売主が知らなかったり、隠したりしてしまったもので購入時には見つけにくいものがあたります。

例えば、雨漏りや給排水管の不具合、構造上の欠陥などです。
売主は不動産の情報を正確に提供する義務がありますが、前述したように万が一があった場合に、既存住宅売買瑕疵保険は買い手に安心感を与えることができるのです。
また、料金は物件の価値や瑕疵のリスクなどによって異なります。

▼この記事も読まれています
不動産売却して仲介手数料など仕訳はどうする?個人のときのポイントほか

既存住宅売買瑕疵保険のメリットとは?

まず、トラブルに対して安心して対応できるといった点です。
中古住宅の場合、売主や仲介業者によっては、欠陥や不具合を隠して売却することがあります。
そのような場合、購入後に問題が発覚したとしても、売主や仲介業者に責任を取ってもらえないこともあります。
しかし、既存住宅売買瑕疵保険に加入していれば、保険会社が修理費用や損害賠償などの費用を支払ってくれるので、安心して住み続けることができます。
次に、修理費用や損害賠償などの費用を節約できることです。
中古住宅の欠陥や不具合には、見た目では分からない、雨漏りや給排水管の劣化や、基礎のひび割れなどがあります。
そのような場合、修理費用は数十万円から数百万円にもなり得ることがあります。
しかし、既存住宅売買瑕疵保険に加入していれば、最長5年間、免責金額は5万円で、最大1,000万円までの瑕疵が保証されます。

▼この記事も読まれています
不動産売却にかかる期間が長引く原因とは?対処法もご紹介!

既存住宅売買瑕疵保険を利用するデメリットについて

まず、デメリットとして売却時の費用が増額することが挙げられます。
保険料は、物件の価格や契約期間によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円程度です。
また、印紙税や保険代は、家の売却代金が手元に入る前に支払う必要があります。
次に、物件の状態によっては、修復の必要性があるということです。
既存住宅売買瑕疵保険に加入するには、専門機関の検査が必要となり、もし問題が見つかると、修復後に再検査を受ける必要があります。
特に1981年6月以前に建てられた家は、現在の耐震基準よりも安全性が低いことが多いです。
そのため、大規模な改修が必要となり、改修費用は築年数が経過するほど高額化する傾向にあります。
古い家の場合、売却する方が経済的に利点がある場合があります。

▼この記事も読まれています
シロアリ被害にあった家の売却方法や売却時の注意点を解説!

まとめ

既存住宅売買瑕疵保険とは、中古住宅を購入した際に、隠れた欠陥や不具合が発見された場合に、修理費用や損害賠償を補償する保険です。
利用するメリットは、購入後に不安を感じることなく、安心して住めることや、万が一のトラブルに対応できることです。
デメリットは、保険料が数万円から数十万円かかることや、保険の適用範囲や条件が限られていることが挙げられます。
中古住宅を購入する際は、既存住宅売買瑕疵保険の内容をよく確認し、自分のニーズにあった保険を選ぶことが大切です。
長岡京市・向日市を中心に周辺地域の不動産をお探しなら株式会社エクストホームにお任せください。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

エクストホームへのお問い合わせはこちら


エクストホームの写真

エクストホーム メディア編集部

長岡京市と向日市を中心に周辺地域で不動産情報をお探しなら、株式会社エクストホームにお任せください。ファミリー向けを中心にカップル向けなど様々な不動産情報を揃えています。有益な情報をお伝えするため不動産情報などの記事をご紹介します。


”不動産の豆知識【売買】”おすすめ記事

  • 住宅ローンの返済額は減額可能?自宅の売却が必要なケースについても解説!の画像

    住宅ローンの返済額は減額可能?自宅の売却が必要なケースについても解説!

    不動産の豆知識【売買】

  • 築30年の家を売却!想定される建物の価値や売却しやすい条件などを解説の画像

    築30年の家を売却!想定される建物の価値や売却しやすい条件などを解説

    不動産の豆知識【売買】

  • 40代で中古マンションを購入するメリットは?選び方や注意点も解説!の画像

    40代で中古マンションを購入するメリットは?選び方や注意点も解説!

    不動産の豆知識【売買】

  • 購入前に中古住宅を内覧する際の基礎知識!チェックポイントをご紹介!の画像

    購入前に中古住宅を内覧する際の基礎知識!チェックポイントをご紹介!

    不動産の豆知識【売買】

  • 独身でマンションを購入する方が増えた理由とは?購入のメリットなども解説の画像

    独身でマンションを購入する方が増えた理由とは?購入のメリットなども解説

    不動産の豆知識【売買】

  • 一般団信とはどんな存在?保険の内容をご紹介の画像

    一般団信とはどんな存在?保険の内容をご紹介

    不動産の豆知識【売買】

もっと見る