リースバックすると売却した不動産に住むことが可能!の画像

リースバックすると売却した不動産に住むことが可能!

リースバックすると売却した不動産に住むことが可能!

不動産を売却する理由は、人それぞれあるでしょう。
もし「ローンの支払いが困難」や「まとまったお金が必要」のような理由なら、リースバックもおすすめです。
今回は不動産の売却を検討している方や予定されている方に向けて、リースバックとはどのような方法なのか、メリットやデメリットとともにご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する方法のひとつである「リースバック」とは?

リースバックとは、住宅を不動産会社に売却したあとでも、賃貸として借りて住み続けられる方法です。
住宅を所有していると、ローンや税金などの支払いや、修繕費などのコストもかかります。
購入時にしっかりと考えたつもりでも、事情が変わってローンが支払えなくなったり、学費や医療費が足りなくなったりすることがあるかもしれません。
そのようなときは、住宅を売却したお金が手に入るうえ、住む場所にも困らないリースバックを検討しましょう。
引越しにかかる手間や費用なども省けるので、おすすめの方法です。

不動産を売却する方法のひとつ「リースバック」のメリットとは?

リースバックのメリットは、通常の売却と違い、売った後もその住宅に住み続けられることです。
お金が必要で売却を考えても、新居探しや引越しには時間や費用がかかります。
また、子どもの学区などの都合で近所の賃貸に引越すと、どう思われているかが気になって落ち着いて生活できないことも考えられます。
ですから、周りに知られることなく自宅を売れることは、大きなメリットでしょう。
売却には時間もかからないので、すぐにお金が必要なときにも助かる方法です。

不動産を売却する方法のひとつ「リースバック」のデメリットとは?

デメリットは、通常の売却よりも価格が安くなる場合が多いことです。
また、住宅ローンの残債が売却金額よりも多いと、ローンが完済できないため売ることができません。
さらに、契約によっては途中で住めなくなる可能性もありますから、注意しましょう。
ずっと居住を希望するのでしたら、契約内容をしっかりと確認することが重要です。
賃料が値上げすることなども考えられますから、いろいろな事態を想定して、細かい部分まできちんとチェックしておきましょう。

まとめ

リースバックは、売却した住宅にそのまま住めることがメリットです。
売却もスムーズなので、すぐにお金が必要なときにも有効な方法です。
ただし、利用できない場合や注意点もありますから、後から困らないようにしっかりと確認しておきましょう。
私たちエクストホームは、京都府「長岡京市」・「向日市」・「大山崎町」・「京都市西京区」・「京都市南区久世」・「京都市伏見区羽束師、久我」のエリアに特化して物件を取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

  • 不動産売却時の買取保証とはなにか?メリットや条件についてご紹介の画像

    不動産売却時の買取保証とはなにか?メリットや条件についてご紹介

  • 不動産売却における競売とは?デメリットと売却までの流れを解説の画像

    不動産売却における競売とは?デメリットと売却までの流れを解説

  • 不動産売却時の火災保険解約について!解約のタイミングはいつが良い?の画像

    不動産売却時の火災保険解約について!解約のタイミングはいつが良い?

  • 川沿いの家をスムーズに売却する方法は?浸水被害を受けた場合の影響も解説の画像

    川沿いの家をスムーズに売却する方法は?浸水被害を受けた場合の影響も解説

  • 築浅一戸建てを売却するときに知っておきたいポイントの画像

    築浅一戸建てを売却するときに知っておきたいポイント

  • 任意売却の手法である「単純売却」とは?概要やメリットをご紹介!の画像

    任意売却の手法である「単純売却」とは?概要やメリットをご紹介!

もっと見る