ブラックリストとは?賃貸借契約に与える影響や物件の探し方をご紹介!の画像

ブラックリストとは?賃貸借契約に与える影響や物件の探し方をご紹介!

ブラックリストとは?賃貸借契約に与える影響や物件の探し方をご紹介!

クレジットカードなどの支払いを滞納するとブラックリストに載ると言われます。
賃貸物件を契約する際に影響するのではないかと心配する方もおられるかもしれません。
今回はブラックリストとは何なのか、賃貸物件の契約に影響を与えるのか、入居審査を心配されている方の物件の探し方についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約で気になるブラックリストとは

よく聞かれる「ブラックリストに載る」とは、支払いの滞納などネガティブな情報が信用情報機関に登録・掲載されている状態を指します。
ブラックリストなる実体のある名簿などは現実には存在しません。
ブラックリストに掲載される期間については、支払いの遅延や任意整理の場合は5年間、自己破産や個人再生の場合は5~10年間です。

ブラックリストが賃貸借契約に与える影響とは

自身の情報がブラックリストに掲載されてしまうと、賃貸借契約などを結ぶ際の入居審査にとおりづらくなってしまいます。
入居審査では、滞納などをせずに家賃をしっかりと支払える方かどうかが重要視されます。
そのため、ブラックリストに載っていると「支払い能力に難がある=家賃を滞納する可能性がある」と思われ、入居審査に対して不利に働くのです。
また入居審査では、支払い能力だけではなく人柄もチェックされるため注意しましょう。
貸主側としても周囲とトラブルを起こす可能性が高い方は避けたいため、人柄に不信感を持たれると入居審査に落ちる可能性が高くなります。

ブラックリストに載っている方の賃貸物件の探し方とは

ブラックリストに載ってしまっている場合の賃貸物件探しでは、まず保証会社が不要な物件もしくは独立系の保証会社を利用している物件を選ぶことです。
次に、収入の3分の1以下の家賃の物件、もしくはできるだけ家賃の安い物件を選ぶことです。
また可能であれば、安定して一定以上の収入を得ている親族に代理契約をしてもらう方法もあります。
そのほか、クレジットカードの作成が不要な物件もおすすめです。
現在は安定した収入のある仕事についているなど、支払能力への不安を少しでも減るようなアピールをすれば、契約できる賃貸物件が見つかる可能性が増えます。

まとめ

ブラックリストに載るとは、信用情報機関に滞納などの情報が載ることです。
実際にはブラックリストという名の名簿は存在しませんが、ネガティブな情報が載ってしまうと、賃貸借契約にも支障をきたします。
とは言え、まったく賃貸借契約ができないわけではないので、ご紹介した賃貸物件の探し方を参考にしてみてください。
私たちエクストホームは京都府「長岡京市」・「向日市」・「大山崎町」・「京都市西京区」・「京都市南区久世」・「京都市伏見区羽束師、久我」のエリアを中心に物件を取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

エクストホームへの問い合わせはこちら


エクストホーム メディア編集部

長岡京市と向日市を中心に周辺地域で不動産情報をお探しなら、株式会社エクストホームにお任せください。ファミリー向けを中心にカップル向けなど様々な不動産情報を揃えています。有益な情報をお伝えするため不動産情報などの記事をご紹介します。


おすすめ記事

  • 二人暮らしをするのに適した間取り3種類を徹底比較の画像

    二人暮らしをするのに適した間取り3種類を徹底比較

  • ペット禁止の賃貸物件でペットを飼う方法は?飼育可能なペットの種類も解説の画像

    ペット禁止の賃貸物件でペットを飼う方法は?飼育可能なペットの種類も解説

  • 電子契約とは?賃貸借契約を結ぶユーザーのメリット・デメリットをご紹介の画像

    電子契約とは?賃貸借契約を結ぶユーザーのメリット・デメリットをご紹介

  • 賃貸物件で追い焚き機能が付いているメリットとデメリットとは?の画像

    賃貸物件で追い焚き機能が付いているメリットとデメリットとは?

  • 賃貸契約時の保証人とは?保証会社や保証人の変更について解説の画像

    賃貸契約時の保証人とは?保証会社や保証人の変更について解説

  • 賃貸物件の中部屋ならではの魅力とは?メリットや快適に暮らすコツをご紹介の画像

    賃貸物件の中部屋ならではの魅力とは?メリットや快適に暮らすコツをご紹介

もっと見る