投資用マンションの売却タイミングはいつ?準備することや注意点をご紹介の画像

投資用マンションの売却タイミングはいつ?準備することや注意点をご紹介

投資用マンションの売却タイミングはいつ?準備することや注意点をご紹介

投資用マンションを所有していると、適切な売却タイミングがいつなのか気になるものです。
いざ売ろうと思っても、本当に売って良いのか?と不安になる方はとても多いです。
そこで今回は、投資用マンションの売却タイミングについて解説したいと思います。
また、売却の準備や注意点もお伝えするので参考になさってください。

弊社へのお問い合わせはこちら

投資用マンションの売却タイミングはいつなのか

不動産の売却には適したタイミングがあります。
区分マンション投資の場合、毎月「修繕積立金」を管理組合に支払っており、積立金を使って大規模修繕がおこなわれます。
この大規模修繕の前に売却するのが適したタイミングです。
多額の出費やランニングコストの上昇が発生する場合には、売却を検討しても良いでしょう。
また「路線価」が上昇しているタイミングだと、不動産相場も高くなるので高値で売却ができるタイミングと言えます。
そして、現時点で入居者がいて家賃収入がある場合には、オーナーチェンジ物件として売却しやすくなります。
いつ売却したら良いか悩んでいる方は、上記のタイミングを参考にしてください。

投資用マンションを売却するための準備

まずはマンションの管理会社に連絡をして組合員の「資格喪失届」を出し、管理費と修繕積立金の清算をします。
続いては、不動産市場や価格相場の調査をしましょう。
不動産会社に査定を依頼する前に、ある程度の相場を知っておくと今後の交渉がしやすくなります。
売却の際には、下記の必要書類を準備します。

●身分証明書・実印・印鑑証明書
●権利書・登記識別情報
●登記簿謄本
●マンションの管理規約と維持費などの書類や購入時の売買契約書
●固定資産税納税通知書


これらの書類を事前に準備しておくと、売却手続きがスムーズに進みます。

投資用マンションを売却する際の注意点

売却を成功させるには、注意点に気を付けて手続きを進める必要があります。
マンション売却の際にローンの残債があると、抵当権抹消登記をおこなわなければなりません。
その費用は売主が負担をし、登録免許税もかかるので注意しましょう。
そして、信頼できる不動産会社に依頼をし、プロの意見を聞くことが重要なポイントです。
投資用マンションの売却は、居住用マンションの売却とは異なり税金や法律、投資や金融などの専門的な知識が必要です。

まとめ

投資用マンションの売却は、大規模修繕の前や路線価の情報など適したタイミングがあるので、しっかりと見極めましょう。
事前に準備しておく書類や連絡などを確認し、注意点に気を付けて売却活動を進めてください。
専門的な知識をもち、実績のある不動産会社を選ぶことが重要です。
私たちエクストホームは京都府「長岡京市」・「向日市」・「大山崎町」・「京都市西京区」・「京都市南区久世」・「京都市伏見区羽束師、久我」のエリアを中心に物件を取り扱っております。
お客様の幅広いニーズに真摯にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

エクストホームへの問い合わせはこちら


エクストホーム メディア編集部

長岡京市と向日市を中心に周辺地域で不動産情報をお探しなら、株式会社エクストホームにお任せください。ファミリー向けを中心にカップル向けなど様々な不動産情報を揃えています。有益な情報をお伝えするため不動産情報などの記事をご紹介します。


おすすめ記事

  • 不動産売却時の買取保証とはなにか?メリットや条件についてご紹介の画像

    不動産売却時の買取保証とはなにか?メリットや条件についてご紹介

  • 不動産売却における競売とは?デメリットと売却までの流れを解説の画像

    不動産売却における競売とは?デメリットと売却までの流れを解説

  • 不動産売却時の火災保険解約について!解約のタイミングはいつが良い?の画像

    不動産売却時の火災保険解約について!解約のタイミングはいつが良い?

  • 川沿いの家をスムーズに売却する方法は?浸水被害を受けた場合の影響も解説の画像

    川沿いの家をスムーズに売却する方法は?浸水被害を受けた場合の影響も解説

  • 築浅一戸建てを売却するときに知っておきたいポイントの画像

    築浅一戸建てを売却するときに知っておきたいポイント

  • 任意売却の手法である「単純売却」とは?概要やメリットをご紹介!の画像

    任意売却の手法である「単純売却」とは?概要やメリットをご紹介!

もっと見る